Canadian Maple Syrup

メープルシロップが生産されるのは、シュガーブッシュと呼ばれる砂糖カエデ、メープルの原生林が広がり、天候が樹液の採取に適している、北米の東から中西部あたりです。カナダは世界のメープル製品の85%、年間4万2000トンを生産しています。オンタリオ州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州でもメープルシロップは生産されていますが、カナダ産の93%はケベック州産です。

カナダの厳しい冬が終わりを告げるころ、雪解けとともにメープルの樹木から樹液が自然に流れ出ます。そして樹液、メープルウォーターの採取が始まります。採取された樹液はシュガーハウス(砂糖小屋)へ集められ、丁寧に時間をかけて煮詰められます。40リットルの樹液からできるメープルシロップは、わずか1リットル。まさに自然の恵みが凝縮された、贅沢なシロップなのです。春先の神秘的な自然現象から生まれるこのメープルシロップは、厳しく長い冬を過ごすカナダでは、春を告げるシンボルとして、人々に愛され、尊ばれています。またこの時期は「メープルシュガータイム」と呼ばれ、シュガーハウスに集い、メープルシロップの生産を喜び、春の訪れを祝います。

メープルの歴史

北米先住民から入植者へ、何世紀にも渡って受け継がれてきたメープルウォーターの歴史をご紹介します。
続きを読む

 

メープルシロップができるまで

自然に流れ出すのですメープルの樹液、メープルウォーターを採取することから始まります。
続きを読む

 

品質基準とグレード

メープルシロップは色と味を基準に、3つのカテゴリーと5つのグレードに分類されています。
続きを読む